錦糸町素人風俗と下着フェチ

現実問題としてブルセラショップが再び世間に広く浸透するということは難しいだろう。古物取り扱いの許可を得て、純粋に使用済み下着の売買だけで経営する分にはなんの問題もない。だが、オプションで撮影やデートなどの項目が加わると、デート倶楽部や出会い喫茶がそうだったように、必然的に援助交際につながってしまうものだ。

そうなると、もはや風俗店との境界線がなくなってしまう。いや、風俗店よりタチが悪い。本番を前提としている分、援助交際の方が摘発されやすいのは言うまでもないだろう。風俗店を経営するのには店舗型性風俗特殊営業という許可が必要だが、厳しい地域規制があるため新規の営業開始は全国的に難しいといえる。

やはりブルセラショップが一般化する日は二度と来ないのだろうか。そう考えると、卑屈な使用済み下着フェチ諸君は将来に期待などせず、日の当らない場所でひっそりと、後ろめたい気持ちを持ち続けて生きた方がいいのかもしれない。
それは錦糸町素人風俗愛好家にとっても、同じタイプの問題と言えるかもしれないだろう。

関連記事

日暮里素人風俗と街の魅力

五反田素人風俗と出会い系

池袋素人風俗の出稼ぎ嬢

NO IMAGE

素人風俗嬢とソープ

素人系風俗のエロさについて

錦糸町素人風俗と気持ち良い時間