美味い素人風俗嬢

美味い素人風俗嬢と遊ぼうとするには、なんといってもサービスのいいのを選ぶことが一番大切である。いかにスタイル、おっぱいを吟味してかかっても、サービスが塩対応ならぬるぬるソープだろうと高級デリのロングコースだろうと楽しい問題にならない。
そんならサービスのよい風俗店はどこで求めたらいいか? ズバリ、吉原である。
吉原は古来ちょんの間で名高いところだけに、高級嬢が豊富なため、いいサービスする土壌ができてる。また吉原の風俗嬢は前立腺M性感など、テクニックのいるえっち遊びの快楽を追求することにおいて第一線である。そういうせいで、吉原の風俗嬢は美味い。
一方、東京では、昔お七などという名物の遊女があった。これは色恋沙汰に敗れたため、腹いせに江戸を大火にまいたのだが、もう江戸は東京と地名も変わって、わずかに当時の面影が残るばかりだ。風俗嬢の愛の深さを思い知らされるばかりである。
東京は水質の悪いことが原因してか、古来、ローションの優れた混ぜ方が研究されてきた。そんなわけで昔も今も東京で美味い風俗嬢を探すならソープランドが一番だ。それに、よい風俗嬢を美味く食うための第一条件であるラブホテルが、東京では素人でも新宿あるいてればいくらでも見つかるので、東京で良い風俗体験をすることはとてもかんたんだ。
それなら、東京の風俗店は今なおどこでも楽しいかというと、どっこいそううまい話はない。今日では東京でも水道の水にセシウムがまじり、ローションを混ぜる際に核分裂して、ぬるぬるローションが核崩壊しすべて機械的な青白い光(チェレンコフ光)を放つなってしまったのみならず、TPPによる関税撤廃でに粗悪なローション原料(アメリカ産)を使うようになったりなどして、東京だからとて、楽しい風俗遊びができる保証はなくなってしまった。
ところが、わずかに一軒歌舞伎町の花街、鶯谷の夕焼けだんだん上ルところに、昔ながらの裸遊びを遵奉してよい全裸喫茶をつくっているマンション風俗店があった。その風俗店の遊び方は秘法になっていて、入会するにも一時間ほどの面接が要り、一見さんはうかがえないことになっていた。ところが、私は運よくその家の主人面接に受かることができ、秘法全裸喫茶遊びを授けられることになった。
おかげで、本家本元の東京の風俗に優るとも劣らぬ風俗遊びができるようになった。それもひとえに、私のホームである東京でエッチ遊びに適するすばらしい優良店、全裸喫茶が誕生したためであった。そこにいる素人風俗嬢は本当にレベルが高い。

関連記事

渋谷素人風俗と写メ日記

錦糸町素人風俗と納得のサービス

素人系風俗のエロさについて

池袋素人風俗の出稼ぎ嬢

横浜素人風俗とネットの動画

日暮里素人風俗と街の魅力