新橋デリヘル嬢などから見た嬉しいお客

日本全国津々浦々様々な街に、様々なタイプ・業種の風俗店が存在している。東京の品川・新宿・渋谷・池袋など都会の大都市にある豪華な店もあれば、地方の島でひっそりと営業しているような店も存在しているような店もあるという。中には新橋デリヘルのようにビジネス街にあるお店もある。それだけに風俗で働いている女性は、日本全国で考えると数え切れないほど存在するだろう。その中でもほぼ毎日のように店に出勤し男性にサービスを行う女性もいれば、月に1度などたまにしか出勤しない女性もいる。また何店かの風俗店を掛け持ちして働いている、普段はOLなど別の仕事をしながら働いている、自分が住んでいる地域以外に遠征しそこの風俗店で働いているといった働き方をしている人も決して少なくない。

10214

今回はそんな多種多彩な風俗で働いている女性に対し、「来たら嬉しいタイプのお客」というテーマで聞いてみた。様々なタイプの風俗店や女性がいるだけに、通うお客も様々なタイプがいるのではないか。ここに書いてあることで風俗とは本当はどのような人が来て、どのような人が接客しているのかについて伝われば良いと思う。

①吉原ソープで働いているMさん・27歳

まず話を聞いたのはソープランドのメッカである吉原の中堅ソープ店で4年間働いているMさん。20代前半のときはアルバイトでモデルの仕事をしており、短大卒業後にOLとして働いていた経験があるという。ただ職場でセクハラがあったこと、日々単純な業務の繰り返しだったことなどが原因で退職。その後面白い職場を探し今の店の求人を見つけ、面接官と意気投合し働くことになった。そんな彼女は165センチの長身と、腰まで伸びている長髪が目立つスレンダー体型の女性。やや童顔で幼い感じの顔をしており、クニャっと笑う顔がかわいらしい。鼻にかかったマイペースな話し方もあり、一緒にいたら癒されるだろうなと思われる女性だ。

Mさん「今日は取材なんですか? 何かこういうことって慣れていないので緊張しちゃいますね。うふふ。内容は『来たら嬉しいお客様』ですか。フーーン、そうですね。まずすぐに怒らない人ですね。私って話すのや動くのが遅いので、イライラしているお客様も沢山います。口では『いいよ。気にしないよ』って言っているのに目が笑っていなかったり貧乏ゆすりをしていたり。そういう人が多いのですが中には怒鳴ってくる人もいますし、時間短縮のためにわざと行動が遅いと言われることもあるんです。私って見た目が早く動きそうだから誤解されるんですけど全くそんなことありません。ドジでノロマなんです。だからモデルの仕事をしていたときは同僚にイジワルされましたし、OLのときはそれを良いことにセクハラもされました」

私「色々と大変な思いもされてきたんですね。では風俗店で働いている中で、良いお客さんとして印象に残っているのはどんな人ですか?」

Mさん「そうですね。月に1回は遊びに来てくれる、30代くらいのややぽっちゃりしているお兄さんです。その人はプレイも会話も私に合わせてくれて、スローな私の話もニコニコしながら聞いてくれるんですよ。凄いイケメンと言う訳でも頭が切れるという訳でもないんですけど、凄く優しいんですよね。私は3人姉妹の三女だったのでお兄ちゃんがいる訳ではないのですけど、本当にお兄ちゃんがいたとしたらこういう人が良いなって思うんです。セックスをしたあとはベッドの中で彼と抱きしめあうのですけど、そんなときは包み込んでくれるような安心を感じることができるんです。そんな感じの付き合いが続いているので、私はその人が来たら日頃のストレスも吹き飛んじゃうくらい癒されるんですよ。あ、でもその人は私と遊んで癒されているのかな。いつも私ばかり話をしちゃうし、私がのろいせいでプレイが中途半端になっちゃうこともあるし、お金を払って来てくれているのにその分のサービスができているのか不安になります。もしもOLとして働いていたときに彼のような人がいたら職場を辞めないでよかったかもしれないですね」

私「ちなみにOLを辞めた理由として、単調な業務が嫌だったとあります。この店ではそういったことはありませんか?」

Mさん「ありませんね。お客様によってサービスやプレイの内容って全然違うんですよ。ソープってマットをするんですけど、マットが大好きでずっとそれだけをする人もいれば、マットが好きではないので一切マットをしない人もいます。それにさっき話したお客様のように私に合わせてくれる人もいれば、わざとSなことをして私の反応を見て楽しんでいる人もいますね。それに同じお客様でも親密度によってプレイ内容も変わってきます。最初の頃はお互い緊張してどうしたいか分からなかったけど、何回か遊ぶことでお客様も希望を言ってくれたりします。そんなだから毎日ドキドキワクワクしながら出勤していますね。『今日はどんな人が来るのかしら?』って夢見る少女みたいに毎日楽しんでいますよ。私がそんな気持ちで働けているのは、優しいお客様が多いことでセックスを心から楽しめているからだと思います。もともと私は感度が良く、気持ち良いことが好きだったのでセックスは嫌いではなかったんです。でも今までの彼氏は最初のうちはかわいがってくれたんだけど、時が経つごとにのろまな私に対してイライラする人が多くて、私自身萎縮しちゃって全然セックスを楽しめなかったんです。それに加えてOLのときは上司にセクハラされていたので、段々と男の人やエッチなことをすることが怖くなってしまったの。それで辞めた後にたまたまこの店の求人情報を見て『天然でマイペースな女の子歓迎』なんてことが書いてあったから、『面白いな』って思って連絡したんです。その結果、今楽しい生活が送れているから私の決断は正解だったんだなって」

私「では最後に風俗ユーザーの皆様にメッセージをお願いします」

Mさん「いつも私と遊んでくれる皆様いつもありがとうございます。私は風俗で女の子に好かれるには、女の子の気持ちを思いやって優しく接することが大切だと思います。だってお互いに気持ち良くて楽しい時間を過ごすのだから、怒った顔よりも笑顔でいる方が良いですよね。私はのろまだしまだまだ未熟だから、もっと多くの人に喜んでもらえるように頑張らないとなって思います。だからそんな女の子の気持ちを考えて、優しく思いやりを持って接してあげてくださいね。いつもニコニコしている優しい人を嫌いな女の子はいないと思いますよ」

②池袋の巨乳専門デリヘルで働くSさん・25歳

続いて話を聞いたのは100店以上のデリヘルが存在すると言われる、都内における風俗激戦区のひとつ池袋のデリヘルで働くSさん。彼女は専門学校まで北海道で過ごし、上京してからは秋葉原のメイドカフェの仕事に就く。また新橋のデリヘルで働いていた経験もあるようだ。バスト100センチでHカップという見事な胸を持っている彼女は、現在メイドカフェで働きながらその見事な胸を活かせる巨乳専門店で働いている。そんな彼女に「来たら嬉しいお客」について聞いてみた。

Sさん「私にとって『嬉しいお客』は話が楽しい人とエッチが上手い人ですね。メイドカフェでも働いていることから分かるように、私は漫画が好きでオタク気質なんです。だから秋葉原と池袋っていう、オタク文化が発達した街で働けるのは嬉しいですよ。オフはそういったお店に一日中いることだってありますから。それに色んなことに興味があるので、ネットサーフィンをしたり色んな街を歩くのも好きですね。だから漫画やアニメとかの知識のある人はもちろん、何かの知識があって面白い話をしてくれる人は好きです。あと風俗で働いているのはエッチが好きだからということもありますね。私自身腐女子なのでボーイズラブ関連の漫画が好きですし、AVやエッチな漫画やアニメも見ますし、オナニーだって毎日のようにしています。そんなものを見ているとアソコが大きい男性やテクニックが上手い男性に憧れるんです。だからその2つのどちらかがある人なら、見た目が良いとかそういうことは特に気にしません」

私「それだけエッチが好きなのになぜソープでなくデリヘルを選んだんですか?」

Sさん「私がオタク気質だからですね。今のお店では胸を協調するようなコスプレをすることができます。メイドカフェで働き続けているように、私はそういう格好をするのがすきなんですよ。ソープだとそんな格好をできる店はなかなか無いですし、マットなど色々覚えないといけないプレイだってあります。またベテランや怖い先輩がいるって噂があるので敬遠しちゃったというところもありますね。それに今のお店は衣装がかわいくて、女の子は年が近くて若くてかわいい子が多くて、お店のスタッフさんも良い人が多くて私自身無理なく楽しみながら働けています。正直エッチは好きなのでソープみたいなところで、本番プレイをしたいという希望はありますね。でもアソコが大きな男性なら素股でも気持ち良いですし、プレイ中本気でいっちゃうことだってあります。だから私は今の状況が気に入っています」

私「充実しているのですね。では風俗店で働いている中で、良いお客さんとして印象に残っているのはどんな人ですか?」

Sさん「前来たお客さんの中でアニメやゲーム関係のライターをしているという方がいたんですよ。その人は誰もが知っているような有名な作品はもちろん、私でも知らないようなディープな作品まで色々知っていたんです。家に千冊以上漫画がある私でも知らないのだから相当だと思いませんか(笑)。それにそういったもののイベントの話、アニメやゲームあと漫画についての裏話何かも教えてくれたんです。そんな裏話は他ではとても話せませんけどね(笑)。その日は私自身本当に面白かったですね。私の好きな分野でさらに知識を増やすことができたのですから。もちろんライターさんだからそれ以外でも色んな分野で知識が豊富でしたね。秋葉原や池袋についてやラブホテルの歴史なんていうことまで詳しかったんです。私は相槌を打って話を聞いていただけで、プレイだってほとんどお客様に攻められっぱなしでした。そうそうそのお客様はアソコも大きかったし、エッチも上手かったんです。話を聞くだけでも満足だったのに、胸を揉まれたりアソコを攻められたり素股をされたりで何回もいっちゃいましたから。その人だったらセックスまでしても良かったかななんて思ったりもします。
それに『嬉しいお客様』の条件とはちょっと違うんですけど、私という人間についてしっかり見てくれるお客様は嬉しいですね。私は胸が大きいのでどうしてもここばかり見る人もいるんです。北海道にいたときはバイト先の居酒屋で、ずっと私の胸を見ていた人もいましたしメイドカフェで働いているときもたまにそういう人もいます。風俗店でも胸ばかり攻めてくる人がほとんどで、これだけ大きいからぞんざいに扱われてプレイをしていて痛いと感じることもあるんですよ。あとパイズリをするのは当たり前という感じですね。まあ巨乳専門店なので、そういうプレイが好きなお客様が多くなるのはしょうがないんですけど(笑)。その中で胸だけでなくアソコも丁寧に攻めてくれたり、『痛くない?』『●●攻めて良い?』なんて確認しながらプレイをする人も優しさを感じます。それに私の話を聞いてくれたり、私の外見だけを見たら馬鹿そうにも見えるんですけどそういう女の子に接する態度ではなく公平に接してくれると嬉しいですよ。その反面頭が悪いと高をくくって接してくる人や、私と話を合わせようとせず自分の欲望のままに胸を乱暴に攻めるなんていう人はあまり好きではありませんね」

私「では最後に風俗ユーザーの皆様にメッセージをお願いします」

Sさん「今まで答えたことと一緒になるかもしれませんが、何らかの分野で自分の世界を持っている人は尊敬できますし話を聞いていて面白いです。私が特別なのかもしれませんが(笑)風俗で働いている女の子でもオタクや腐女子も多いんですから、そのような人は風俗店では好かれることも多いと思いますよ。あとは女の子の気持ちを尊重してくれる優しい人を嫌いな風俗嬢はいないんじゃないですかね。だから見た目に自信がない人も、何かの分野を突き詰めるか相手に優しく接することができれば、きっと女の子に好かれて風俗を楽しめると思います」

そして新橋デリヘルに在籍する女の子たちも彼女たちと同じように考えているため、利用するときは参考にしてもらえると嬉しい。

新橋デリヘルで良嬢が多い店